ホーム » SEO対策のお話 » SEO対策としてみた場合の記事数と1ページ当たり文字数の目安とは

SEO対策としてみた場合の記事数と1ページ当たり文字数の目安とは

DECISIONE-AFFILINE管理人の黒田です^^
いつも大変お世話になっております!

今回はタイトル通り、SEOとしてみた場合の
記事数と1ページ当たりの文字数に関してです。

前もって伝えておきますが、SEO対策は相対的なものなので
僕の話が正解とか間違ってる、というレベルの議論ではないです。
SEOで有名と言われてる人たちだってぶっ飛ばされたりしてるそうですし(笑)

SEOはあくまで自分の基準を持つ事が大切。

僕も日頃松野さんから口を酸っぱく教えて頂いていますが
例えば「1ヶ月に被リンク○本付ける」と決めてみて
自分で同じパターンで検証するのが良いと思います^^

すみません、脱線しましたが、あくまでも
僕の経験は参考程度にしかならない、やるかどうかは自分次第、
ということだけ頭に入れておいて頂けたら幸いです。

SEOに効果的な記事数と1ページの文字数とは

誰が考えても明らかだとは思いますが
記事数も文字数も多い方が良いに決まってますよね^^笑

ただ、そうなると1000記事とか入れなきゃいけないのか
という話になってくるので、個人的な目安をお伝えします。

①記事数に関する考え方

SEO的には記事数は多いにこした事はないんですけど
いわゆるロングテールSEOという、闇雲にアクセスを集めて
そこからクリックや成約を狙う、というスタイルって非効率だと思います。

例えば、僕が松野さんに出会う前に作成していたサイトは
ロングテール狙いでただただ200記事以上を目標に作ったりしてました。
そして、確かに数ヶ月後、アクセスは集まってきました。

でも、今改めてアクセス解析を調べてみても
どんなターゲットを集めたいのか、案件との距離など
まるで考えてなかったので、全然関係ないアクセスも多いんですね。

結果として、関係ないアクセスは直帰されますし
直帰率が増えるとSEO的にも評価が下がる、という悪循環です^^;苦笑

昔の僕の考え方の根底には、"上位表示したら稼げる"だったのですが
もし皆さんも似たような考え方をしてしまっていたら
そうではないんです!ということは心からお伝えしたいです。

大事なのは記事数よりも、「属性」をしっかり決めて
連れてきたい人に必要な記事を用意する、という考え方です。

まあ、僕も偉そうに話してますけど、まだまだです。。
これがまた難しいんですよね。一緒に頑張りましょう!

②1ページの文字数は最低800文字以上!

僕は1ページ当たりの文字数は1,000文字以上にしてます。
たまに900文字くらいになることもありますけど
無理矢理最後に数行くっつけたりして1,000文字以上にしてます(笑)

一応、最低800文字以上と教わりましたが
何となく僕が1000文字にこだわってしまった、というだけなので
皆さんは最低800文字以上を意識して記事作成をしてください。

もしかしたら、1,000文字以上と言われて
「うわ〜、そんなに書けないよ。。」「大変だな。。」
と感じた方もいると思います。

それが正常だと思います。僕も最初は辛かったです^^;

でも、やりたいかやりたくないか、ではなく
やらなきゃアフィリで稼げなくなるわけですから
頑張ってテキストを1,000文字以上入れるのに慣れるしかないです。

もちろん、キーワードと属性によっては
最初の数行でキラーページやLPに飛ばした方が良い!
ということもありますが、それでも文字数は入れた方が良いです。


最近、僕もランサーズで外注さんに依頼し始めたのですが
他の外注依頼でも800文字以上、1,000文字以上、
という依頼が増えてきてるので、アフィリ業界全体としても
文字数が意識されてきているんだな、と思いました。

1記事400文字程度でさくさく作ってきた人は
最初は辛いかもしれませんが、800文字以上を目指して
頑張ってみると、数ヶ月後に良い事があるかもしれませんよ^^

Return to page top