ホーム » SEO対策のお話

SEO対策のお話カテゴリの記事一覧

ディスクリプションで最適な文字数って?|それ以外にも意識すべき事

DECISIONE-AFFILINE管理人の黒田です^^
いつも大変お世話になっております!

アフィリエイトって学べば学ぶほど
細々とした作業が多い事に気づきますよね。苦笑

はっきりいって面倒くさい!
そのうちの1つが、ディスクリプションだと思います。

ディスクリプションで最適な文字数って
特に決まってないですが、一般的には
200文字程度が望ましいと言われています。

まあ、グーグル検索で表示されるのが200文字くらいですしね。

ただ、稼いでいる人によって、サイトボリュームを増やす為に
ディスクリプションに400文字以上入れてる人もいるようです。

僕もそれを受けて、「これが稼いでる人との差か・・」と
一時期ディスクリプションに400文字以上入れたりしてましたが
今あらためて振り返ってみると、非効率かな、と^^;

ディスクリプションの最適な文字数に正解はないですが
僕は200文字程度いれとけば充分かな、と思います。
それよりも、新規記事どんどん書いた方が絶対いいので◎

ディスクリプション入れで注意すべき点とは

①最初に狙うキーワードを含めること

ディスクリプションを入れる目的は
サイトに入ってもらう(訪問してもらう)のも理由ですが
もう1つ、SEO的対策の意味合いも強いですよね。

なので、ディスクリプションの一番左には
狙うキーワードをしっかり入れておくと良いと思います。

ちなみに、ディスクリプション内に狙うキーワードを
入れすぎるとスパム判定、というか低評価を受けるそうなので
大体2回を目安に含めておきましょう!

②記事内容との統一性が大事

ディスクリプションは"記事内容のまとめ"のような位置づけです。
キーワードなどにこだわるあまり、記事内容とズレていたら
評価も下がってしまうので、注意が必要です。

しっかりと記事内容との統一性を意識して書きましょう◎

稼ぎに直結はしないけど、稼いでる人はみんなやってる

ディスクリプションの最適な文字数がどれくらいとか
SEO的にまだ効果があるかとか、作業をしていると
色んな事が気になったり、慎重になる気持ちは良くわかります。

実際、ディスクリプションは稼ぎに直結はしないし
僕のサイトでも、ディスクリプションを入れていなくても
上位表示されているページもたくさんあります。

なので、ディスクリプションとかメタタグとかは
稼ぎに直結するわけでもないし、SEOに絶大な効果もないと思います。
ページ数が増える程すごーく面倒くさいですしね(苦笑)

ただ、稼いでいる人たちはここら辺は
みんな当たり前のようにやっている、というのも事実です。
そして、SEOは相対的なので、ライバルがやってるのに
自分がやってなければ負けてしまいますよね。

僕もディスクリプションは後回しにしてしまっていますが
コツコツ入れていこうと思います^^;

お互い、地味な作業でも頑張ってコツコツやっていきましょう!

ブランドシグナルサイトはSEO的にも最強!?|副業でも作るべき理由

ブランドシグナルサイトはSEO的にもかなり効果が高いそうです!つまりこれは、1つの分野に特化している僕ら副業アフィリエイターに取ってはめちゃくちゃアツい話ですよね。手駒がなくても稼げる時代になってきている今だからこそ、ブランドシグナルサイトを作るべき理由を、SEOの観点も交えて紹介しました。

続きを読む

SEO対策としてみた場合の記事数と1ページ当たり文字数の目安とは

SEO対策の1つとして、記事数と1ページ当たりの文字数も重要になってきています。SEOは相対的なので、ライバルサイトよりも記事数も文字数も多い方が良いに決まっていますが、かといって1ページ5000文字とかを何百ページも入れるのはハードルが高すぎますよね。僕ら副業アフィリエイターがSEO対策として意識しておくべき、サイトの記事数と1ページ当たりの文字数の目安とは・・。

続きを読む

SEO的に内部リンクの効果は上がってます|外部リンクと同じ位!?

seo対策として内部リンクの効果はどうなのか?知りたい方も多いと思います。個人的にはSEO対策自体ほとんど施してないですが、唯一行っているのが内部リンクです。外部リンクと同じくらいの効果があるのは本当なのか?また、内部リンクを施す際の注意点も解説しました。

続きを読む

サイトタイトルの変更はseo的にどう?|何度か変更している結果

サイトタイトルを変更するとSEO的に良くない、という話を聞きますが、果たして真偽がどうなのか、僕が何度か変更している結果をシェアしたいと思います。SEO的にマズいと感じるサイトタイトルの変更の仕方や、大して影響のない変更もあるので、最低限の違いだけは理解しておきましょう。

続きを読む

Return to page top